吊り下げ手洗い器 吊り手水(ちょうず) - 少年オヤジン

 

懐かしいなぁ! 吊り手水(ちょうず)

 


 

 

これこれ、懐かしいよねぇ・・・。

昔、ばぁさんとこに行くと、これがあったんだよ!

田舎だから、トイレと言うよりは便所かな?いや、はばかり・・いや、厠(かわや)

いやいや、雪隠(せっちん)・・ま、そんなこたぁどーでもいいんだ。

 

便所の横の軒先に吊るしてあって、用を足したらこれで手を洗う。

冬は凍って水が出ないこともあったし、夏場はお湯が出たりね(笑)

 

優れもんだよね。ある程度の水が出たらピタッと止まる。

面白いもんだから、ペコペコ押して水出して遊んでると中の水が無くなっちゃって

ばぁさんが用をたして便所から出て、手を洗おうとしたら水が出ないもんだから

「お前たちゃ、また悪さしたろーが!!」と、よく怒ってたっけなぁ。

 

この動画の手洗器は、最近のやつなんだろうね。

昔のやつはブリキっぽい金属で出来てたり、丸っこいバケツみたいな感じの

プラスチック製が多かったような気がするね。

 

僕は、この呼名がわからなかったので、ずっと「吊り下げ手洗い器」と

呼んでいた。それでも間違いではないようだけど「吊り手水(ちょうず)」って

いうみたいだね。

 

「ちょうず」ってのは、手や顔を洗い清める水のことで、神社なんかで水が貯まってて

柄杓が置いてあるところ、あれは「手水舎(ちょうずしゃ)」と言うらしいね。

 

トイレに行くことを「手水に行く」とも言うらしい。

「お手洗い」ってのと同じ感覚かな?

 

これ、今も売ってるんだよね。これは節水にもいいし「今こそ吊り手水」じゃない?